費用以外で車検の際に必要な準備物

   

業者で車検を受ける際には、法定費用はもちろん修理・部品交換が必要な場合を想定して、予め準備しておくことが必要です。
その上で必要書類もあります。自動車検査証は、車検時だけでなく車を運行するにあたり必要な書類です。紛失した場合には、陸運支局に行き再発行の手続きをとってください。自動車税納税証明書も必要です。地域によって近年では電子化が導入されて、業者が確認できる流れとなっています。その年の4月1日現在住所があった地域で納付手続きをしますから、住所変更が生じた場合も転出前のところで納入した納税証明書が必要です。自賠責保険の書類も必要です。自賠責保険の期間が、車検有効期間をカバーしていない場合は手続きが出来ませんから、注意が必要です。その他として認印も必要な場合が多いです。

費用の支払いシステムについて

車検費用支払いにあたり、近年ではクレジットカード払いが導入されています。準備物の一つにて現金が間に合わない場合などでは助かりますが、業者ごとのポイントを紹介いたします。
ユーザータイプの場合は、陸運局では現金のみの取り扱いです。代行業者の場合は、ユーザータイプに代行費用が加算されたシステムですから前払いが多いです。大手車検専門店やディーラーなどは、資金面での体力もありますから後払い・カード払いにて対応可能なところが多いです。民間整備工場では、法定費用を先払いにして別途後払いにて対応可能なところが多いです。信頼関係があるところでは、割引などの融通が利きやすいです。

車検当日など慌てないための注意事項

車検当日に、各種書類・費用が間に合わない状況になれば慌ててしまいます。最悪の事態を回避するために抑えておきたいポイントを紹介いたします。
車検証などの書類に関しては、事故をした際にも警察への報告に必要です。常に車の中に入れておくことでトラブル回避に繋がります。
費用面ですが、後払いの方が業者側も手続きが簡単に済む上にお客様も準備を早める必要がないですから、双方にメリットはあります。一方、業者が各種費用を立て替えるようになりますから、依頼が多い時には負担が大きくなります。そのため、予め必要な費用支払うところが多いです。
特に新規のお客様の場合は、信頼関係が出来ていません。割引料金で案内する代わりに、前払いシステムを採用している業者もあります。
予めシステムの確認と必要書類をなくさないようにすることがポイントです。

ピックアップ記事

車検時に整備保証がついたら費用は変わるのか

車検における整備では、ユーザータイプを含めてそれぞれ万全な状態で仕上げます。しかし、次の車検までに安全に乗車できる保証はありません。特に1日の走行距離が長く、長年乗車している場合には何かしらの不具合が...

費用以外で車検の際に必要な準備物

業者で車検を受ける際には、法定費用はもちろん修理・部品交換が必要な場合を想定して、予め準備しておくことが必要です。その上で必要書類もあります。自動車検査証は、車検時だけでなく車を運行するにあたり必要な...

車検時に代車を依頼すると費用がかかるのか

近年では、車検が短時間で終わるサービスが各業者にて提供されています。修理・部品交換が必要な場合や車検日時を要する業者の場合は、代車があれば便利です。その場合、気になるポイントの一つが費用面です。民間指...

立会い車検では費用を抑えられるか否か

近年では、お客様自身が業者の作業員と一緒に確認する立合い車検サービスを行っている業者もあります。大まかな流れは、日時を車検満了日までに予約した上で業者に来店します。そこで作業員と一緒に点検をします。お...